忍者ブログ

歌を唄う猫の夢

定期更新ネットゲーム『Sicx Lives』の、 日記・雑記・メモ等が保管されていくのかもしれません。 昔は『False Island』のことを書いてました。

2017/12    11« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »01
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「メルトに、何が起きたか」

 空中を歩くように、2人の前を行き来したです。
 注目があつまります。悪い気分じゃありません。
 でも、メルトは緊張して話さなきゃいけないです。彼らを運命の先へ、駆り立てるために。
「もったいぶらずに、言えよ」

 ジェイが先を促すです。せっかちです。
 対するカリアの方は、冷たい面甲の向こうで何を考えているのか判らないです。
 メルトが言いよどんでいると、ジェイが顎をあげながら不敵な態度で言いました。

「当ててやろうか?
 天界は、管理区域外に前触れも無く出現した"島"に対して、魔神級の高位魔族による関与を推測している。
 その尖兵としてお前が送り込まれた。いや、お前以外にも多くの天使が送り込まれているはずだ。
 島の調査と……、もし何かあれば、根源そのものを消し去るためにな」

 はい?

「ジェイ、それは初耳だ。まさかこの世界で、神魔級の戦争が起きようとしているのか?
 最近、平行世界の消失が増加しているのと何か関係があるのか。
 ――まさか、」

 なぜだか、妙に焦った調子でカリアが口を挟んできたです。
 妖精言語っぽい高音域の発音で、固有名らしい何かの名前を呟きかけて、黙りました。

「さぁな。
 しかし前の大戦では、平行世界の多くが巻き添えを喰って滅ぼされたもんだ。
 神も悪魔も見境無く神話級の破壊を撒き散らし、天使は嘆き墜ち、魔族さえ哀れみを覚えたくらいにな」

 まるで見てきたかのような言葉。
 妖しい光を瞳の端に光らせて、長身のニンゲンは視線を合わせてきました。
 挑みかけるように。

「そこまで知っているなら、話が早いです」

 メルトはもう、逃げられませんでした。
 動揺を強引に押さえ込み、カリアもこちらに向き直りました。
 全身から殺気が発信されているです。きっと、ものすごく冤罪っぽい気がします。

「メルトは、この島の調査を命じられました」

 量産型の下位天使クラスには、複数の指令は与えられないです。
 設定された使命を完遂することだけが全て。それが、存在理由。

 メルトに与えられた指令は、探索。

 高位神族ですら知覚し得なかった外側から、突如出現した"島"は、神族にとって脅威以外の何物でもありません。
 これが魔族の仕業であるならば、あるいは管理外生命体の仕業であるならば、終末戦争の引金になりうる可能性もある。
 宇宙の存在理由に関わる脅威は、神の御名の下に統御されなくてはなりません。

 だからこそ、メルトは必死になって探索しました。
 島にたどり着いた瞬間、魔術師を名乗る変なニンゲンに捕まっ…協力を得ることもできました。
 ニンゲンと一緒に死力を尽くして踏査した結果、我々は重大な秘密に辿りついてしまったのです。

 隠しておきたかった秘密。
 それは――、

「食べないとお腹が空くということです!」

 メルトはついに打ち明けました。

 それこそが、島で遭遇した最大の危機。
 ニンゲンが同行していたときは手荷物の糧食を勝手に食い散らかしていたので問題ありませんでした。
 でも、ニンゲンが迷子になってしまった今、メルトには食糧確保の手段がありません!

 なんという悲劇が訪れたのでしょう――。
 さぁ2人とも、この衝撃に嘆きふるえ悲しむがいいのです!

 ――暗転。頭に拳骨が落ちてきたような衝撃を受け、メルトの意識は闇に沈んだです。

拍手[0回]

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

六命PC
セルフォリーフ:
ENo.58 夢猫ぴあの
アンジニティ:
ENo.106 梟霊アルワン

Sicx LivesのPLのひとり。
ふらふらと漂う木片。
つれづれなるまま、
書き綴ってます。

関連サイトリンク

Sicx Lives
 六命本家 .

木漏れ日に集う
 取引サイト
六命wiki
 うぃき

うさ☆ブログ(・x・)
 神検索
Linked Eye
 無双検索
六命ぐぐる
 無敵検索
未知標
 MAP,技検索

万屋 招き猫
 情報集積地
エンジェライトの情報特急便
 情報集積地
ろくめも
 付加情報特化
英雄の故郷
 合成情報特化
六命技データベース
 技情報特化
わんわんお
 敵情報特化
適当置き場
 敵出現テーブル他
手風琴弾きの譜面帳
 取得アイテムやペット

六命簡易計算機
 簡易計算機
紳士Tools
 PK,素材情報明快化
紙束通信研究所
 戦闘情報明快化

犬マユゲでした(仮)
 blog情報速達便
小さな胡桃の木の下で
 新着ニュース特急便

個人的閲覧サイト

空に堕ちるまでの朝
 ジェイ(189)さん
うたびとのきおく
 バジル(428)さん

星ト月ヲ見ル人
 ラーフィー(709)さん
車輪の跡
 ミカ(402)さん

最新コメント

[05/16 backlink service]
[11/25 ふれあ(1519)PL]
[11/23 セレナ(93)PL]
[11/22 ふれあ(1519)PL]
[11/20 カシュー(553)]
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 歌を唄う猫の夢 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]