忍者ブログ

歌を唄う猫の夢

定期更新ネットゲーム『Sicx Lives』の、 日記・雑記・メモ等が保管されていくのかもしれません。 昔は『False Island』のことを書いてました。

2017/09    08« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 神秘の光翼を拘束され、頭上の光輪を封印された大法院の熾天使達。
 更迭されゆく彼らの表情は暗く、疲れ果てていた。

「………」

 輝かしい大理石の神床を穢すは緋色の鮮血。
 抵抗の証拠。遺骸は浄炎に灼かれ、跡形も残さず焼失した。
 紫金に装飾されし天空の王座に座す、真紅の法衣纏いし大天使が不機嫌な顔で情景を見守る。
 大天使の目前に、もう一人の大天使。纏うは深紅の天鎧、掲げるは十字の儀剣。
 彼は上官たる宰相に控えることなく、厳つい顔で指揮を執っていた。
「宰相閣下、ご協力に感謝する」
「説明はあるのだろうな、カマエル卿?」
「ミカエルに聞け。本件において、貴殿も私も脇役にしか過ぎん」

 赤豹と異名を結ぶ大天使は、慇懃に告げると美しい蒼翼を翻して歩み去る。
 特務長官の職務は宰相の直下に付くものながら、その会話は同列の如く容赦がない。

「…私は見逃されたということか」

 天界の枢軸、宰相位を担う大天使メタトロンは、カマエルの退出を見届けると、王座へもたれて深く息をついた。
 大法院専横の責は最高位たる彼に還る。しかしミカエルは、ミカエルの命を受けた赤豹は彼に剣を向けなかった。
 確かにメタトロン自身は、大法院の『下級天使を使い捨てにする』という行き過ぎた施策に関わってはいない。
 それでも監督不行き届きには違いなく、大法院の暴走を赦していたのは彼に他ならなかった。

「借りを作ったか」

 創造神に王座を任されし熾天使の王は呟く。
 天界は本件を持って浄化された――わけではない。
 暗部の一翼が粛清され、天軍総司令の発言力が増すという状況に切り替わったに過ぎない。
 文官と武官の天秤が片方に傾くことを、彼は是としない。
 だが、今回は完全に出し抜かれた。本来なら、彼がやらねばならぬ仕事だ。

 宰相は思案する。打開の一手、増長する武官を掣肘せしめる布石の位置を。
 悠久の時をかけて紡がれし天使達の遊戯は、物語が終わっても続いていくのだから――。


 ――ユグドラシル。
 両腕を掻き抱き、苦しみに冷汗を浮かべながらも笑顔を崩さない榊。
 カエダは偽葉の一枚を撫でながら、余裕をもって問う。

「なんか変なのが出てきてたわねぇ……、あら? 貴方はもうダメそうじゃない。」
「えぇ、そろそろ限界ですかね。人も減りましたがマナも……さてさて」

 もう、地表に生き残る者も数が少なくなっていた。
 倒れた者は皆、ジョシュアという謎の青年に導かれて消えた。故に死体はない。
 偽葉も散れば消える。戦地は血飛沫の色彩に染められてはいるが、凄惨と呼ぶほどの光景ではなかった。

「マナの増加が止まったな」

 ジェイが思考する。探索者たちに過剰な力を撒いていたのは榊だ。
 おそらく、榊自身にもリスクが伴う行為なのだろう。限界ということか。

『Holy, Holy, Holy! Lord God Almighty♪』

 メルトが楽しそうに唄っている。
 一方、解き放つ弓の火力はとてつもない威力を秘めていた。
 以前はリディアーヌの伴に就いていたアメリーという少女が、吹き飛ばされて散った。
 だが、少女は叫ぶ。断末魔に正義を唱え。
 彼女が放つマナの波動は陽気に唄うメルトを包み、叩き潰したのだ。

「疾ッ!」

 凍る息を吐く翼竜に騎乗したカリアが、その隣を駆けた。
 無事を確かめるためではない。そんなものは、確かめるべくもない。
 少しでも前へ進む。偽葉を駆逐する。それが彼の決意だ。

 カリアの剣舞がティルダを縛る。
 マナの奔流を操る彼女は、まさにエキュオスだ。発狂した自己を良しとしているからこその暴虐的な力。
 しかし、妖精は力を逆手に取って切り刻み、動きを封じる。
 そこへ叩きつける魔竜の咆哮。ジェイが背後に従える幻獣の群れが、ティルダを一気に破壊した。

「し、死ぬかと思たですよー」

 何事もなかった風味でメルトがふらふらと飛んできた。

「そこで生き延びるのがお前だよなぁ」

 呆れた風に声をかけるジェイ。
 無事ではない。まさしく満身創痍。折れた腕を強引につなぎ、砕けた脚を無理矢理蘇生させての戦線復帰。
 用意済みの術式頼み。万策尽きれば確実に死に至る。

「……カリア!?」

 妖精騎士のように。

 振り返るメルトの視線の先で、カリアが倒れていた。
 身体を酷使した限界が訪れている。回復術の乱用のせいか、修復の速度も遅い。

「すまない。どうやら限界みたいだ」
「……仕方ねえな、そいつは」

 戦線離脱をほのめかしながら、気力のみで立ち上がり剣を構えるカリア。
 心配を言葉にするわけでもなく、戦いの続行を望む姿に諦めるジェイ。
 メルトは二人の為に、ささやかながら神に祈った。守護する者として、仲間として。

 彼らの前には4871179枚もの葉が躍る。
 ――絶望は、間近に迫っていた。

拍手[0回]

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

六命PC
セルフォリーフ:
ENo.58 夢猫ぴあの
アンジニティ:
ENo.106 梟霊アルワン

Sicx LivesのPLのひとり。
ふらふらと漂う木片。
つれづれなるまま、
書き綴ってます。

関連サイトリンク

Sicx Lives
 六命本家 .

木漏れ日に集う
 取引サイト
六命wiki
 うぃき

うさ☆ブログ(・x・)
 神検索
Linked Eye
 無双検索
六命ぐぐる
 無敵検索
未知標
 MAP,技検索

万屋 招き猫
 情報集積地
エンジェライトの情報特急便
 情報集積地
ろくめも
 付加情報特化
英雄の故郷
 合成情報特化
六命技データベース
 技情報特化
わんわんお
 敵情報特化
適当置き場
 敵出現テーブル他
手風琴弾きの譜面帳
 取得アイテムやペット

六命簡易計算機
 簡易計算機
紳士Tools
 PK,素材情報明快化
紙束通信研究所
 戦闘情報明快化

犬マユゲでした(仮)
 blog情報速達便
小さな胡桃の木の下で
 新着ニュース特急便

個人的閲覧サイト

空に堕ちるまでの朝
 ジェイ(189)さん
うたびとのきおく
 バジル(428)さん

星ト月ヲ見ル人
 ラーフィー(709)さん
車輪の跡
 ミカ(402)さん

最新コメント

[05/16 backlink service]
[11/25 ふれあ(1519)PL]
[11/23 セレナ(93)PL]
[11/22 ふれあ(1519)PL]
[11/20 カシュー(553)]
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 歌を唄う猫の夢 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]