忍者ブログ

歌を唄う猫の夢

定期更新ネットゲーム『Sicx Lives』の、 日記・雑記・メモ等が保管されていくのかもしれません。 昔は『False Island』のことを書いてました。

2017/11    10« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

[ -Recollection- ]


 見知らぬ部屋、見知らぬ匂い、見知らぬ顔。
 瞳をしばたかせながら覗き込んできた少女は、心から安堵した表情を見せた。
 焼きついて離れない。例えるなら、刷り込みのような衝撃。

 ――その笑顔は、もう二度と見ることが適わないのだ。


  -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
[ -Someone's Memory- ]


地に伏した一羽の幼鳥は、傷ついた羽根を弱々しく震わせていた。
泥に煤けた体躯、生え揃わない羽毛、自力で餌を啄ばむことすら出来ない口嘴。

運命の落伍者と嗤うのは簡単だ。

放っておけば、飢えた野犬に喰われて一時の栄養となるのみ。
飛べない鳥ほど惨めなものは無く、ましてや稚鳥であれば餌以外の何者でもない。

物心つく暇もなく。
どこから見ても、完膚なきまでに、その小鳥は惨めであった。

「エカシ(長老)。肉が落ちてる」

砂埃を巻き上げながら、少女は嬉しそうに駆け寄った。

春先より夏を覆い尽くした梅雨は、広範囲に強い水害をもたらした。
作物を育てることも適わず、貯蔵する食料も腐り、流行り病が発生し、多くの死体が河に浮かんだ。
収穫の季節を待たずして、陸奥国は飢饉に陥っている。
少女が、久々の食料に心弾んだとて仕方ないことと言えよう。

まだ幼鳥に息があることに気づき、腰のマキリ(鉈刀)を抜く。

「よしなさい、陽媛」

頬に見事な白髭を蓄えた老人が、少女の蛮行を抑止する。

「なんで止める? これだけの生肉があれば、一族に行き渡る」

不思議そうに振り返る少女。老人は、スッと杖を持ち上げた。
示唆する方向には二匹の鳥の亡骸が横たわっていた。
しかし、醸す腐臭と蟲にたかられ荒らされた骨姿は、すでに彼女たちの喰える肉ではなく。

「両親は大鷲にでも殺られたか。可哀想にのう」

慈愛の篭る言葉に、だが少女は眉根をひそめた。
弱肉強食。強き者が弱き者を襲い、餌となすのは自然なことだ。
死者は大地に還り、大地は豊穣を育む。死とは決して『可哀相』なものではない。

「陽媛。その仔はまだ、生きておるよ」

一瞥して容態は診た。この仔は自力では飛び立てない。トドメを刺してやるのが情けだろう。
それとも、持ち帰るまで生かせということだろうか。
生きているということは、新鮮な肉ということなのだから。

だが、老人は緩やかに首を横へ振った。

「瞳を見やれ、愛娘よ。殺す相手を心に留め置くは、犠牲を強く者の責務ぞ」

少女は仔鳥を見据える。

大きさは自分と同じぐらいで、肉付きは良くない。一族の腹を満たすには少ないか。
毟られた羽毛が散乱しているのは、地に足掻いた証か。乾いた砂が乱れ模様を描いている。
幼く柔らかな爪は石すら穿てず、返って爪を欠いて剥がれ、血を流しているようだ。

口嘴からも血を流していた。ただ、先に染まる黒々とした赤は、本人のものではないようだ。
もしかして、大鷲と戦ったとでもいうのだろうか?
矮小にして非力な幼鳥の身の上で。愚かなりと言わざるを得ない。

しかし、その瞳は――。

「………!」

黒曜石にも似た美しい瞳孔から、少女は目を離せなかった。
射竦められていた、という表現が正しいか。生まれて間もない幼鳥に、少女は睨まれている。
憎しみの視線。近づくものを逆に喰らわんとする気魄。

「血族の行く末に涙し、蛮に堕ちても強くなろうとするは頼もしきこと。
 だが陽媛、お前にその瞳を殺すことは出来まいぞ」

そっと、背後から包まれた掌。小刻みに揺れていた少女の細腕を、安心させるかの如く。
少女の持っていた鈍色のマキリを、老人は手馴れた動きで鞘に収める。

「エカシ……」

怖かった。
身動きも取れず死に瀕した幼鳥が放つ殺意に、少女は完全に呑まれていたのだった。

「大鷲に襲われて生き残るなど、普通では在りはせぬ。
 親鳥を犠牲にしてでも存えた命よ。小娘のひ弱な決意如きで砕けるものではなかろうて」

老人はカカッと笑うと、少女の背を軽く押しやった。

少女は、いまだ震える拳を握り締めるように抑え込んだ。
逃げ出したい心を無理やり抑え付けての行為が、いとも容易く打ち砕かれた。
飢えつつある一族のため、自ら手を血に染める決意をした矢先にこれでは、先が思いやられる。

ふと、身体を縮こまらせていた圧迫感が消えた。
不思議に思いながら面をあげると、幼鳥の恐ろしい瞳が、薄い瞼の下へ隠れようとしていた。

「エカシ! 私は、私は……」

幾何学的配列のアイヌ刺繍がぐにゃりと歪む。
少女が、泰然と立つ老人の胸倉を掴み、ぐいと詰め寄ったのだ。

「私は、この子を助けたい!」

山の稜線に沈もうとする夕陽。たなびく薄雲の隙間より覗くは、壮大なる夜星の大河。
七月の銘を持つミミズクと、陽姫の銘を持つコロポックルは、この出会いより互いの道筋を重ねたのだ。

拍手[0回]

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

六命PC
セルフォリーフ:
ENo.58 夢猫ぴあの
アンジニティ:
ENo.106 梟霊アルワン

Sicx LivesのPLのひとり。
ふらふらと漂う木片。
つれづれなるまま、
書き綴ってます。

関連サイトリンク

Sicx Lives
 六命本家 .

木漏れ日に集う
 取引サイト
六命wiki
 うぃき

うさ☆ブログ(・x・)
 神検索
Linked Eye
 無双検索
六命ぐぐる
 無敵検索
未知標
 MAP,技検索

万屋 招き猫
 情報集積地
エンジェライトの情報特急便
 情報集積地
ろくめも
 付加情報特化
英雄の故郷
 合成情報特化
六命技データベース
 技情報特化
わんわんお
 敵情報特化
適当置き場
 敵出現テーブル他
手風琴弾きの譜面帳
 取得アイテムやペット

六命簡易計算機
 簡易計算機
紳士Tools
 PK,素材情報明快化
紙束通信研究所
 戦闘情報明快化

犬マユゲでした(仮)
 blog情報速達便
小さな胡桃の木の下で
 新着ニュース特急便

個人的閲覧サイト

空に堕ちるまでの朝
 ジェイ(189)さん
うたびとのきおく
 バジル(428)さん

星ト月ヲ見ル人
 ラーフィー(709)さん
車輪の跡
 ミカ(402)さん

最新コメント

[05/16 backlink service]
[11/25 ふれあ(1519)PL]
[11/23 セレナ(93)PL]
[11/22 ふれあ(1519)PL]
[11/20 カシュー(553)]
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 歌を唄う猫の夢 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]