忍者ブログ

歌を唄う猫の夢

定期更新ネットゲーム『Sicx Lives』の、 日記・雑記・メモ等が保管されていくのかもしれません。 昔は『False Island』のことを書いてました。

2017/09    08« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

[ -Recollection- ]

 炎が渦巻いていた。
 炭化し、崩れ落ちた陣立て。死体の姿はあれど、人の姿は見当たらない。
 旗幟は業火の勢いを後押しするだけの可燃物。
 長い歳月を丹精こめて縫い上げた絨毯も、伝統と共に灰と化し。
 黒い影が走る。

 また一人、アイヌ紋様の毛帽子を被る戦士が命を失った。
 ぐしゃりと、ありえない異音を立て、膝から崩れ落ちる。

 原因をもたらしているのは、掌ほどに収まる一人の少女。

 彼女は歩いているだけだ。
 何が起きているのかもわからず、ただ自分を抱きしめてくれる優しい人を求めているだけ。

 振り返る先にいた、齢十歳にも満たぬ子供が死んだ。
 少女と視線があった瞬間、ごぼりと口から血の泡を吐いて気道を詰まらせたのだ。

 突然生まれた死は、もはや少女を動揺させるには至らない。

 見た人間は死ぬという現実を理解することなく、ただ歩き続ける。
 私を助けて。
 その言葉だけを呟きながら、気配はあれど生命の見当たらない館を彷徨っている。


 -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


 宵闇の果てより、一羽のミミズクは睥睨する。

 無力な自分に、ただ、沈鬱に心を落としながら。
 壊れていく友を、愛すべき友を遠く見守る。

 出来るならば、今すぐ近寄って抱きしめてやりたいとさえ思う。
 されど、それは出来ない。

 なぜなら、『喧嘩中』、だからだ。

 きっかけは些細な言い争い。
 どちらが悪いというわけでもなく、価値観の違いがもたらした口喧嘩。
 いつもなら、2・3日ほど間をあけて落ち着いたところで彼が折れる。
 少女も、ミミズクが近くに居ないことを寂しがるため、すんなりと鞘は戻る。

 なのに、

 何が起きたのか、わからないまま喧嘩は続いている。

 ミミズクが突きつけた言葉に、激昂して叫んだ少女に睨みつけられて、彼は気絶した。
 もちろん、こんな状況は初めてといっていい。
 豪傑ならば、睨んだだけで敵を気絶させることは容易いとは聞く。
 だが、そのようなことはアイヌ軍総大将、"大墓公"阿弖利為さえも出来はせぬ。

 恐らく、彼が気絶したことに驚嘆して、少女は助けを求めに行ったのだろう。
 そのまま多くの同胞、精霊・人間の命を、ただ見るだけで奪っていったのだろう。

 ――虐殺は、まだ続いている。


 -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


 悪神"ウェンカムイ"が憑いた、と称する。

 無惨に砕け散った悪路王の幻想は、暴走の道を歩みつつあった
 十万もの征夷朝廷軍を見事な手際と策略で撃退し、内外に勇名を馳せた男。
 大墓地域の公王にして、仇名に悪路王を戴いた将軍。

 押し寄せる新たな征夷軍。剛勇で名の知れた"征夷大将軍" 坂上田村麻呂。
 彼を打ち破れば、余勢を駆って朝廷を侵略、アイヌ千年王国を築くことも夢ではない。

 だが、泡は弾けた。

 叶わぬもの、掴めぬもの、越えられぬ理想の先にあるのが夢ならば。
 死者の堤で築かれた成す術もない現実は、まさしく悪夢であったに違いない。

 すべては、ウェンカムイに憑かれた少女の魔眼によるものだ。
 視た者全てを死に導く、悪魔の御業。
 心強ければ即死は免れようが、少女を斬首しようと試みて自らの首を絶つ者がいた。
 狂気に取り付かれ、仲間数人を巻き添えにして腹を裂いた者がいた。

 死は死を招き、死をもたらす。
 もはや、アイヌの軍勢は崩壊したに等しい。

「覚悟は定まりましたかな?」

 フクロウの言葉に、阿弖利為は重々しく頷く。
 と、いうよりも、もはやそれ以外に起死回生の道など残されていなかったのだ。
 ましてやコタンコロカムイのお告げであれば、決意せざるを得ない。

「私に加護はあるのだな?」

 尋ねる。肯定は頷きで返ってきた。

 事態の元凶であるコロポックル。失った兵士およそ一万の数ほど首を絞めても足らぬ。
 されど、真の元凶は少女に悪神を依りつけた朝廷の呪術師によるところ。
 ならば、殺すのではなく、返す。
 同じ苦しみを、同じ恨みを、同じ絶望を、一兵残らず味合わせてやるまいぞ。

 本来なら紅の虹彩を持つ彼の瞳が、翠色の浄眼に輝いている。
 阿弖利為は人の瞳を棄て、フクロウに差し出した、神の加護に護られた翠瞳を嵌めたのだ。

 彼は往く。アイヌの王として、最後の誇りを果たすために。

 すなわち、精霊の少女を生きたまた捉え、更なる災厄に換えるために。


 -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


 フクロウは、低い声で嗤った。

 精霊の少女に容れた死色の黒蛇は、乱れた失望とともに開花し、思惑どおりに発動した。
 鍵として選んだのは、少女の幼馴染にして彼の弟。心構えも中途に神に成った愚か者。
 アイヌ王に植えた翠眼で黒蛇を封じる。もちろん馬鹿な王は狂気に憑かれ自殺するだろうが。
 次に狙うは、百万の軍勢を内地に要する朝廷か。
 あるいは、更なる軍勢で割拠する、隣の大陸の住民を破滅させてみるか。

 死色の黒蛇は魔眼の形態で、視認する者に狂気を撒いて破滅に導いた。
 十年がかりで編んだ禁呪指定の魔法を産むことで、彼の実験は成功したのだ。

 フクロウは、もはやフクロウの姿ではなかった。
 墨染めの袈裟を纏う法師の様相にして、道化の仮面を被るという異様な風体。

 それはまぎれもなく、"人"であったのだった。

拍手[1回]

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

六命PC
セルフォリーフ:
ENo.58 夢猫ぴあの
アンジニティ:
ENo.106 梟霊アルワン

Sicx LivesのPLのひとり。
ふらふらと漂う木片。
つれづれなるまま、
書き綴ってます。

関連サイトリンク

Sicx Lives
 六命本家 .

木漏れ日に集う
 取引サイト
六命wiki
 うぃき

うさ☆ブログ(・x・)
 神検索
Linked Eye
 無双検索
六命ぐぐる
 無敵検索
未知標
 MAP,技検索

万屋 招き猫
 情報集積地
エンジェライトの情報特急便
 情報集積地
ろくめも
 付加情報特化
英雄の故郷
 合成情報特化
六命技データベース
 技情報特化
わんわんお
 敵情報特化
適当置き場
 敵出現テーブル他
手風琴弾きの譜面帳
 取得アイテムやペット

六命簡易計算機
 簡易計算機
紳士Tools
 PK,素材情報明快化
紙束通信研究所
 戦闘情報明快化

犬マユゲでした(仮)
 blog情報速達便
小さな胡桃の木の下で
 新着ニュース特急便

個人的閲覧サイト

空に堕ちるまでの朝
 ジェイ(189)さん
うたびとのきおく
 バジル(428)さん

星ト月ヲ見ル人
 ラーフィー(709)さん
車輪の跡
 ミカ(402)さん

最新コメント

[05/16 backlink service]
[11/25 ふれあ(1519)PL]
[11/23 セレナ(93)PL]
[11/22 ふれあ(1519)PL]
[11/20 カシュー(553)]
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 歌を唄う猫の夢 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]