忍者ブログ

歌を唄う猫の夢

定期更新ネットゲーム『Sicx Lives』の、 日記・雑記・メモ等が保管されていくのかもしれません。 昔は『False Island』のことを書いてました。

2017/09    08« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

[ Alwan's Eye -Travel Side- ]

 ガリガリガリと固い床を削りながら、あるいは削られながら滑り逝くシャドウバックラー。
 と、貴重な歴史の異物をスノーボードみたいに乗り回す、あるいは振り回されている一人と一匹。

「ああああああぁぁぁ!」
「すてき」
「素敵じゃねーよ!?」
 風圧に顔部分の布地を歪ませながら、アルワンは絶叫する。

「いいか、俺らの重量が3+1+10の15kgぐらい。スピードが時速150kmとすると、運動エネルギーは」
「計算きらい」
「諦めるの早ッ!?」

 滑る影盾は石灰質の床を抜け、常緑樹が立ち並ぶ森林へ突入した。
 アルワンは微妙な体重変化を加えることで、巧みに滑走をコントロールする。
 ギュンと風を切り、すれすれの位置をざらついた杉の木肌が通り過ぎていった。

「おー。うまいうまい」
「ハッ、夜の王にして深林の空賊、ミミズクの生まれを舐めんなー……って、違う!」

 背中に張り付く、生誕日だけは年上の精霊は、まるで他人事を楽しんでいるようで。

「いいか、姐さん。この速度でこのまま降り続けると、間違いなく俺らは吹っ飛ぶ」
「吹っ飛ぶ?」
「壁に激突するか、河に投げ出されるか、どちらにしても五体満足無事ではいられねーってことだ!」
「…ぉー?」

 わかっているのか、わかっていないのか。

 小石を利用して跳ねることで傾きをつくり、進行方向に変化を加える。
 ボード操作はもちろん初体験だが、速度にはだんだん慣れてきた。
 これでも、もっと凄まじい速度で月夜の森を疾翔出来る猛禽類の神鳥なのだ。
 受肉体を失ってから数年は経ているが、千五百年親しんだ感覚は今でも染み付いている。

 だからといって、この状況が改善されるわけではないのだが。

「んー……」

 少し考え込んでいたふれあが、アルワンの頭によじ登った。
 吹き付ける風に耐えながら、肩膝を突き、瞳を細めて視線をこらす。

「きっと大丈夫」

 ぼそりと呟く声。

「どんな根拠があって妄言口走ってやがりますか、このチビスケ」
「勘?」

 ぽふっといじけ気味に殴られた。が、むしろハタキたいのはこっちだとアルワンは思う。
 よりによって、勘ときた。
 勘は確かに大切だが、この場合、気配や風読みの類ではなく、純粋に運に違いない。

 ――だが。

 透明な雫が併走していることに、アルワンは気づく。

「水……?」

『nicht zugrunde gehen,sondern ewig leben――♪』

 透き通った歌声が、水滴と踊る。
 第五架空元素で構成された真白い翼を幻視しながら、彼は直感で理解した。
 ふれあの合図に反応して、トン、と盾から足を離す――。

 雲より濃い、濃密な水蒸気がクッションとなって彼らの周囲を包んだ。
 運動エネルギーを急速減衰し、衝撃全てを吸収しつくす水泡のコントロール。

 まるで、羽毛で造られたボールであるかのように。

「おかえり」
「おかえりなさーい☆」

 ふわりと地面に足をつけた彼らの前に、二人の人影があった。
 水の魔術師ラピスラズリと、カード占い師アレキサンドライト・リスティス。
 行き先も見えない、旅の道連れたち。

「ただいま」
「…ナイスタイミング」

 姐さんは、この結末を当然のように予期していた。
 自分達がピンチになると、必ず助けがくるとでもいうかのように。

 まだ、自分は精進が足りないということか?
 アルワンは逆さまに地面に横たわりながら、覗き込む三人の人影に苦々しく笑ったのだった。

拍手[0回]

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

六命PC
セルフォリーフ:
ENo.58 夢猫ぴあの
アンジニティ:
ENo.106 梟霊アルワン

Sicx LivesのPLのひとり。
ふらふらと漂う木片。
つれづれなるまま、
書き綴ってます。

関連サイトリンク

Sicx Lives
 六命本家 .

木漏れ日に集う
 取引サイト
六命wiki
 うぃき

うさ☆ブログ(・x・)
 神検索
Linked Eye
 無双検索
六命ぐぐる
 無敵検索
未知標
 MAP,技検索

万屋 招き猫
 情報集積地
エンジェライトの情報特急便
 情報集積地
ろくめも
 付加情報特化
英雄の故郷
 合成情報特化
六命技データベース
 技情報特化
わんわんお
 敵情報特化
適当置き場
 敵出現テーブル他
手風琴弾きの譜面帳
 取得アイテムやペット

六命簡易計算機
 簡易計算機
紳士Tools
 PK,素材情報明快化
紙束通信研究所
 戦闘情報明快化

犬マユゲでした(仮)
 blog情報速達便
小さな胡桃の木の下で
 新着ニュース特急便

個人的閲覧サイト

空に堕ちるまでの朝
 ジェイ(189)さん
うたびとのきおく
 バジル(428)さん

星ト月ヲ見ル人
 ラーフィー(709)さん
車輪の跡
 ミカ(402)さん

最新コメント

[05/16 backlink service]
[11/25 ふれあ(1519)PL]
[11/23 セレナ(93)PL]
[11/22 ふれあ(1519)PL]
[11/20 カシュー(553)]
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 歌を唄う猫の夢 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]