忍者ブログ

歌を唄う猫の夢

定期更新ネットゲーム『Sicx Lives』の、 日記・雑記・メモ等が保管されていくのかもしれません。 昔は『False Island』のことを書いてました。

2017/09    08« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



[ Event of "Hallo Ween Day -Transforms to the stuffed animal" that "ENo.42 Sacher" Presents ]

 海岸沿いに密集した、深い森林に足を踏み入れる。
 行く先を同じくする冒険者達の噂。この辺りに乱立する木々には、椰子(ヤシ)や紫壇(ローズウッド)が自生しているという。

 陽光を遮り適度に冷やされた空気は、若葉の吐息を含んで甘く変質していた。
 仲間の頭上でまどろんでいたふれあは、気配を感じて首を傾げる。

 ナニカと、目があった。
 への字に口を曲げながら、茂みの隙間から顔を覗かせて、こちらをじっと見つめている。

 不意に、ナニカの口が開き、ニイッと頬が釣りあがる。
 縫い付けられた黒糸に痛々しく引きつられながらも、楽しそうに笑う。

「アヒャヒャヒャヒャ!」

 ぴょんぴょんと不思議な擬音すら立てながら、跳ねて森の暗がりへ姿を消していく、ナニカ。
 時折、振り返る仕草。ついてこいと、言外に示唆しているのか。

 ふれあはひょいと地面へ降り立った。背負う剣を確かめながら、小走りに跡をつける。
 仲間に声をかけるべきか考えたが、早く追いかけないと見失ってしまいそうだ。

 ナニカの跳ねゆく道は、思いのほか堅い。
 察するに、山犬か狐が踏み固めた獣道か。靴底に確かな質感を覚えながら、駆ける。
 油断はしない。昨日出会った大熊は、冬眠前だというのに気性も激しく危険な相手だった。
 誘われる先に罠が待ち受けている可能性もある。各方面への警戒も、常に怠らない。

 やがて鬱蒼とした森はまばらに密集度を減らし、その先には、

「………!?」

 ざあっと、涼やかな風が薙いだ。一斉に舞い上がる白い綿毛に、心を奪われる。
 鮮やかな赤朱、透き通る蒼碧、煌き踊る黄橙の花々。
 むせ返る花蜜の匂いに、ふれあの足は思わず立ち止まった。

 森を抜けた先に、このような美しい花畑が広がっているとは誰が想像していようか!

 花の一輪一輪は、小精霊の背丈に合わせたかのように、小さくて可愛らしい。
 普段、誰かの頭上からでしか見下ろせない光景。不思議な花畑に、少女は息を呑む。

「……。きれい」

 ふらふらと近寄っていく。
 思考が奪われていた。今、何物かに襲われたら確実に先制を許しているところだ。

 ちんまりとした秋桜に近づいて、すーっと大きく息を吸い込んだ。
 そのまま、意識が。薄れて。いく――。


"――Happy Hallo Ween!!"


 脳裏にはじけた大きな声。
 びくっと身体をふるわせて、目を覚ます。
 ぼやけた視界。ごしごしと瞼を擦ろうとして、不確かな感触に気づいた。

「……おぉ?」

 ふわふわざらざらした布の質感。アルワンの背中に抱きついた時と同じ手触り。
 指はない。丸く柔らかく尖った掌。これではまるで、自分がぬいぐるみになってしまったかのようではないか。
 びっくりしながら自分を確かめようとして、足がもつれてこけた。

 何が起きているのか――。

 ――少し考えて、考えることを放棄した。もともと、複雑なことを考える頭は持っていない。
 脳が煙をふくまえに、現状を受け入れるほうが早いというものだ。

「アヒャヒャ♪ ハロウィン前日に目覚めるはずなのに、当日に目が覚めるなんて、…寝ぼすけさんだねぇえ!」
「迎えにきた。もう、向こうに多くのぬいぐるみが集まっている。急がないと、乗り遅れるぜよ」

 突然沸いた声に視線をあげる。
 そこには、ふれあが追いかけていたナニカと、別のナニカが、二匹いた。

 黒い人形。渦を巻く紫水晶の瞳、縫い付けられた口でケラケラと楽しそうに笑っている。
 白い人形。左目を覆う眼帯。耳らしき先に尖る爪。憮然とした表情で、こちらを見ている。

「誰?」

 問いかける。殺気は感じない。完全に警戒を解いたわけではないけれど。

「ザッハだよぉおん! ふれあと同じぬいぐるみ! ほらほら、こっちおいでぇえ♪」
「名乗りはあとでするぜよ。もう、ハロウィンは始まっている。付いてこい」

 ぐいと無遠慮に腕をつかまれて、ぽよんぽよんと引き寄せられた。
 足元がおぼつかない。地面を踏むというより、跳ねているという感覚。
 見れば、足も丸くなっていた。本当に、自分はぬいぐるみなっているようだ。

 わけのわからないまま手を引かれ、進み行く先にはお化け蕪のランタンが飾り付けられた遺跡外。
 お化けに魔女、吸血鬼といった仮装に身を包んだ"ぬいぐるみ"達。

 目を白黒させている――赤いボタンの瞳になっていたが――ふれあに、ザッハと名乗った黒い人形が振り返った。
 大仰に両手を大きく広げ、これ以上愉快なことはないとでもいう風に、とても楽しそうに、叫ぶ。

「トリィック・ォァ・トリィィィィィィト!」

 ――ハロウィンの夜へ、ようこそ!


+斜+
 ※ハロウィン日記につき、主催者のENo.42 ザッハさんをお借りさせていただきました。
-斜-

拍手[0回]

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

六命PC
セルフォリーフ:
ENo.58 夢猫ぴあの
アンジニティ:
ENo.106 梟霊アルワン

Sicx LivesのPLのひとり。
ふらふらと漂う木片。
つれづれなるまま、
書き綴ってます。

関連サイトリンク

Sicx Lives
 六命本家 .

木漏れ日に集う
 取引サイト
六命wiki
 うぃき

うさ☆ブログ(・x・)
 神検索
Linked Eye
 無双検索
六命ぐぐる
 無敵検索
未知標
 MAP,技検索

万屋 招き猫
 情報集積地
エンジェライトの情報特急便
 情報集積地
ろくめも
 付加情報特化
英雄の故郷
 合成情報特化
六命技データベース
 技情報特化
わんわんお
 敵情報特化
適当置き場
 敵出現テーブル他
手風琴弾きの譜面帳
 取得アイテムやペット

六命簡易計算機
 簡易計算機
紳士Tools
 PK,素材情報明快化
紙束通信研究所
 戦闘情報明快化

犬マユゲでした(仮)
 blog情報速達便
小さな胡桃の木の下で
 新着ニュース特急便

個人的閲覧サイト

空に堕ちるまでの朝
 ジェイ(189)さん
うたびとのきおく
 バジル(428)さん

星ト月ヲ見ル人
 ラーフィー(709)さん
車輪の跡
 ミカ(402)さん

最新コメント

[05/16 backlink service]
[11/25 ふれあ(1519)PL]
[11/23 セレナ(93)PL]
[11/22 ふれあ(1519)PL]
[11/20 カシュー(553)]
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 歌を唄う猫の夢 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]