忍者ブログ

歌を唄う猫の夢

定期更新ネットゲーム『Sicx Lives』の、 日記・雑記・メモ等が保管されていくのかもしれません。 昔は『False Island』のことを書いてました。

2017/12    11« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »01
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「調子はどうだ?」

 呼びかけに、妖精騎士は腕をまわし、幾つかの運動を試したあとで告げた。

「悪くない」

 前日の、謎の女性による施術が効いたのだろう。
 意識不明で昏倒していたわりに、わずか1日で快復するとは感嘆するほかない。
 カリアは面頬の奥で苦渋の表情を浮かべた。直接礼を言えなかったことを悔やんでいるのだ。

「あのぅ。メルトはすっごく調子悪いですよー?」
 一方、相変わらず縄に縛られて逆さ吊りのまま同行している天使に、仲間は一瞥もくれない。
 あれほど超特急で医者を探してこいと厳命しておいたのに、数時間も遅れた挙句、寝巻きの医者を拉致って連れきた天使に同情の余地はなかった。

 地下4階だというのに、相変わらず空には太陽の輝きがあふれている。
 細かな砂粒が敷き詰められた川辺は、陽光を照り返してきらきらと美しい色に煌いていた。

「こういう処には、可愛い女の子と一緒に来たいよなぁ」
「………」
「こら待てェそんなに走るなよぉ。おほほほほ捕まえてごらんなさぁーい」
「……………」
「……なにか?」
「地下4階に素人を連れてきても、魔獣に食い散らかされるだけだ」

 憮然とした感情を乗せて、カリアが呟いた。
 相変わらず堅いよなぁと、言葉のキャッチボールは否定して、気の無い呟きを重ねるジェイ。

「だいたい、女の子ならここに2人もいるです」

 メルトが元気良く何事かを口走ったが、黒髪の召喚術士は酷く低い声で反駁した。

「はァ?」
「ひ、ひどいです! 乙女のはーとにヒビが入ったのです! カリアもそう思うです!?」
「………私は、女だと言ったつもりはない」
「えっ、あれ? カリア、もしかして男だったのか!?」
「男だと言ったつもりもない!」

 どっちだよと苦笑するジェイが、遠く砂浜の狭橋に人影を見つけて口をつぐむ。

「やっと追いついたようだな」

            -+-+-+-+-+-+-

「なんか疲れたなぁ…」
「サニーニーサン! そんな日は脱ぐんですっ!
 服を脱ぐことでより規制のない自然に近いアクションが可能にっ!」
「……。師匠みたいなこと言うなよ」
「ううぅっ! ひとがアドバイスしてるのになんて言い方ですかムキィーッ!」
「…キミ、なんかノリ変わってないか?」

 空中をふよふよ、重力を無視して浮かんでいる二人の魔法使い。
 以前、遭遇と同時にがしゃ髑髏をプレゼントしてくれた、迷惑極まりない謎の放浪者たちだ。

「……あ、前に会った人だ。これはこれは、無事でなにより」

 サニーと呼ばれた水色の長髪を三つ編みにまとめた術者が、振り返って言った。
 感情に抑揚はなく、近づいてきていることは先刻承知といった風情だ。

「あの時は世話になったな。お蔭で大変だったぜ?」

 皮肉まじりに言葉をぶつけるジェイ。
 サニーは素顔に無関心を貼り付けたまま、わたわた慌てる仲間の頭を軽く小突きながら告げる。

「喜んでもらえたようでなにより。
 でもこっち来ちゃ駄目だってば。また邪魔しないといけな……んん?」

 突然、サニーの口調が歪む。
 目前の空気が歪み、ぐにゃりと不気味な断層を描きはじめたのだ。
 カリアが前に進み出る。どうやら魔法使いの仕業ではないようだが、警戒を下げる理由にはならない。

 歪みの正体は、転送魔術のようなものだったのだろうか。
 裸体の人影が三つ、誰もいなかったはずの空間に出現していた。

「これは……造られしものか」

 サニーは、驚きを隠さずに呟いた。

「造られしもの?」
「遺跡の守護者へのなりそこね……ちょっと面倒だなぁ」

 人影は、どうやら精巧に作られた人形であるらしい。
 関節部の機巧構造、焦点の合わない瞳、輪郭部が時折ラジオノイズのように歪むのは如何なる仕掛けか。

 いぶかしむ両者の間で、人形が、口も開かずに言葉を告げた。

+斜+『敵影確認―――――ユグドラシルの命に従い、排除します』-斜-

 砂塵を巻き起こすこともなく、滑らかな駆動で人形が動きをみせる。
 一様に向く視線はカリアに、背後に控えるジェイに、無常にぶら下がっているメルトに向けられていた。

「こらーっ! はやくメルトの縄をとくですー!?」
「うるさいそれどころじゃない!」
「それどころですー!」
「…あれぇ?」

 混乱する敵対者を前に、サニーは首をかしげた。

「……まぁいいか。これは……好都合だね♪」

 微笑を浮かべ。

「僕もお邪魔させてもらうよ」

 銀眼の魔法使いが重厚な本を開くと、周囲に幾重もの魔法陣が展開する。
 戦闘は避けられそうになかった。

拍手[0回]

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

六命PC
セルフォリーフ:
ENo.58 夢猫ぴあの
アンジニティ:
ENo.106 梟霊アルワン

Sicx LivesのPLのひとり。
ふらふらと漂う木片。
つれづれなるまま、
書き綴ってます。

関連サイトリンク

Sicx Lives
 六命本家 .

木漏れ日に集う
 取引サイト
六命wiki
 うぃき

うさ☆ブログ(・x・)
 神検索
Linked Eye
 無双検索
六命ぐぐる
 無敵検索
未知標
 MAP,技検索

万屋 招き猫
 情報集積地
エンジェライトの情報特急便
 情報集積地
ろくめも
 付加情報特化
英雄の故郷
 合成情報特化
六命技データベース
 技情報特化
わんわんお
 敵情報特化
適当置き場
 敵出現テーブル他
手風琴弾きの譜面帳
 取得アイテムやペット

六命簡易計算機
 簡易計算機
紳士Tools
 PK,素材情報明快化
紙束通信研究所
 戦闘情報明快化

犬マユゲでした(仮)
 blog情報速達便
小さな胡桃の木の下で
 新着ニュース特急便

個人的閲覧サイト

空に堕ちるまでの朝
 ジェイ(189)さん
うたびとのきおく
 バジル(428)さん

星ト月ヲ見ル人
 ラーフィー(709)さん
車輪の跡
 ミカ(402)さん

最新コメント

[05/16 backlink service]
[11/25 ふれあ(1519)PL]
[11/23 セレナ(93)PL]
[11/22 ふれあ(1519)PL]
[11/20 カシュー(553)]
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 歌を唄う猫の夢 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]