忍者ブログ

歌を唄う猫の夢

定期更新ネットゲーム『Sicx Lives』の、 日記・雑記・メモ等が保管されていくのかもしれません。 昔は『False Island』のことを書いてました。

2017/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「………!?」

 驚愕を示したのは、虹色の宝玉を従えた白き少女。

 ――では、なかった。
 榊の笑顔が、わずかだが消えた。喜と楽しか感情を表さなかった道化師の素面。

「ジェイ、パスです!」

 奪いざま、神気でコーティングした宝玉を弓につがえて射ち放つメルト。
 スリングショットの弾丸の如く翔んだ球体は、必殺の勢いでジェイに命中した。
「って待てぇ!?」

 手近の魔竜を薄光の真綿に変換し、受け止める。エーテルの強制変容、人に扱える業ではない。
 咄嗟に使わされただけでも舌打ちするに十分な出来事だが、それを予期されていたことに腹が立つ。
 駄天使のくせに、いいように使いやがって。

 動きを止めたジェイへ、偽葉のがしゃ髑髏が筋肉なき関節を軋ませながら追いすがる。
 一閃。――カリアが居合を振り抜き、狂骨の怪異を破砕した。

「下がれ!」

 術式も使えないほど力を使い果たしたカリアは、仲間の首襟を掴みながら後退する。
 入れ替わりに前衛へ出るのは、ラファエルとアークデーモンの召喚神魔。
 
「ひーあー、ですー!」

 しゅるしゅると、榊の影から伸びる蒼黒い触手がメルトを捉えようと蠢いた。
 エーテルの光翼を必死に羽ばたかせて帰還しようとするも、疲弊した体力では速度が出せない。
 上下に身体を振ってフェイントをかけるが、幾本もの形に分かれた影触手は過たずメルトに絡みつく。

「離すです! 猟奇プレイはお断りですー!」

 叫ぶメルト。
 助けにいこうにも、カリアは動けない。ジェイも然り。
 彼らの間に立つ偽葉は三枚。髑髏、謎の青年、そしてディノ。
 元よりマナに侵された生命体は、輝くユグドラシルの力を受けて更に破壊的に凶暴化していた。

「宝玉と交換です!」

 榊が叫んだ。

「この天使を生きたまま腐らせたくなければ、宝玉をよこしなさい!」

 シンプルに叩きつけた脅迫は、目的を明確にして言葉を届ける。
 しかし何故、榊なのか。
 宝玉を従えていたのは、カエダの方ではなかったのか。

「メルトのことはいいです! 宝玉を渡しちゃダメですー!」

 囚われのメルトが叫ぶ。

「わかった!」
「あ、いや、やっぱりメルトも助けてほしいです? ごぼっ!?」

 影触手がメルトの口をふさいだ。悲痛な表情のメルトだが、ジェイはあえて無視する。
 交渉とは、強気で対峙すべきもの。天使の嘆願は見なかったことにしよう。

「はう?」

 仲間の心無い返事に涙交じりに唸っていたメルトだったが、不意に拘束を解かれて地面に頭をぶつけて跳ねる。
 キョロリと振り返ると、影触手は消しゴムをかけられたかのように途中で消失していた。
 あわてて翼を展開、走りながら距離を取る。

「面白そうな話じゃない」
「く……」

 メルトを救ったのは、カエダだった。
 彼女はユグドラシルの輝きを力に換え、榊の影触手を消したのだ。

「彼らを逃がさぬよう仕向けている貴女が、彼らを助けるのですか?」
「違うわ。彼らを助けたんじゃない、貴方の邪魔をしたのよ」

 カエダが微笑む。
 榊は、屈辱を口元に張りつけながら嘲笑した。

「……容赦なく、にしては甘っちょいですねぇ」
「うっさいわねぇ…………器用じゃないのよ。そのうち絶望を味わわせてあげるわ」
「えぇえぇ、そうしてくださいな。子供は無邪気が一番ですッ!」

 言い合う彼らを見て、カリアは呟く。

「マナの風が、弱まった…?」

 おそらく、メルトが奪った宝玉に関係がある。
 榊の放つマナは、外部装置を用いてコントロールされていたのかもしれない。
 ならば今が好機。

「メルト、放て」
「おまかせですー!」

 自陣に逃げ延びたメルトが、渾身の力を込めて風質の紫矢を乱舞させた。

『Portando una Jushen,Perdere l'immortalità,Provocare la morte――!』

 タイミングを合わせ、カリアの剣が指揮棒の如く揺れる。
 妖精騎士が従える二匹の竜が、ジェイが召喚した神魔が、更なる追撃を浴びせかけた。
 破壊のエネルギーが、地形を変化させるレベルで炸裂する。
 莫大な土砂が噴き上がり、偽葉を潰しながら土煙と化して視界を遮る。

「ジェイ、開け」
「任せろ!」

 いまだ半数以上もの偽葉を揺らすユグドラシル。
 周囲で戦う他の探索者たちに、残りを押し付けることになってしまうことは心苦しく思うが……。
 ジェイは着ていた衣装を脱いで投げ捨てた。更に懐剣に押し当てた人差し指から一滴の血を垂らす。
 血雫が衣装に沁みて岩盤に接地する。と、同時に闇色の炎が衣装を焼き、地面へ広大な魔法陣が描かれた。

 カエダがユグドラシルの力を偽葉へ傾けたため、結界にわずかな綻びが発生している。
 榊がマナの制御力を一瞬失ったことで、大気中のマナにかすかな乱れが発生している。
 複合する条件の狭間に、転移の扉を刻む。

「――通った!」

 複雑な模様と形状を持つ魔法陣の中央に、渦巻き模様の黒洞が開いた。
 カリアが、力を放出しすぎて気を失っているメルトを蹴りいれる。
 次いで竜の手綱を取り、自身も飛び込んだ。

「俺たちの勝ちだ」

 ジェイは呟き、にやりと口元を釣り上げた。
 二本の指を振り、別れの挨拶として黒洞へ身を滑らせる。

 視界が晴れ、カエダと榊が視線を凝らした先には、――もう、誰もいない荒野のみ。

拍手[0回]

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

六命PC
セルフォリーフ:
ENo.58 夢猫ぴあの
アンジニティ:
ENo.106 梟霊アルワン

Sicx LivesのPLのひとり。
ふらふらと漂う木片。
つれづれなるまま、
書き綴ってます。

関連サイトリンク

Sicx Lives
 六命本家 .

木漏れ日に集う
 取引サイト
六命wiki
 うぃき

うさ☆ブログ(・x・)
 神検索
Linked Eye
 無双検索
六命ぐぐる
 無敵検索
未知標
 MAP,技検索

万屋 招き猫
 情報集積地
エンジェライトの情報特急便
 情報集積地
ろくめも
 付加情報特化
英雄の故郷
 合成情報特化
六命技データベース
 技情報特化
わんわんお
 敵情報特化
適当置き場
 敵出現テーブル他
手風琴弾きの譜面帳
 取得アイテムやペット

六命簡易計算機
 簡易計算機
紳士Tools
 PK,素材情報明快化
紙束通信研究所
 戦闘情報明快化

犬マユゲでした(仮)
 blog情報速達便
小さな胡桃の木の下で
 新着ニュース特急便

個人的閲覧サイト

空に堕ちるまでの朝
 ジェイ(189)さん
うたびとのきおく
 バジル(428)さん

星ト月ヲ見ル人
 ラーフィー(709)さん
車輪の跡
 ミカ(402)さん

最新コメント

[05/16 backlink service]
[11/25 ふれあ(1519)PL]
[11/23 セレナ(93)PL]
[11/22 ふれあ(1519)PL]
[11/20 カシュー(553)]
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 歌を唄う猫の夢 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]