忍者ブログ

歌を唄う猫の夢

定期更新ネットゲーム『Sicx Lives』の、 日記・雑記・メモ等が保管されていくのかもしれません。 昔は『False Island』のことを書いてました。

2017/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

[ -Recollection- ]

 数刻を経た厳かな儀式の涯て、血文字の封印符は剥がされた。

 少女はずっと、世界から隔絶されていた。

 最初に見えたのは柔和な表情の老人だったけれど。

 次に逢えたのは、百年を経ても変わらぬ大切な友の顔。
 -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
[ Alwan's Eye -Travel Side- ]

 奪われた力を取り戻すため、ふれあは残留する精霊力を総動員させて動く。
 精霊力とは、文字通り精霊の力。精霊が現界に存在するべく働く力。
 精霊とは、万物に宿る気が人格を得て結晶した存在。
 地水火風空光闇――自然の、もうひとつの形態だ。

 薄いが強靭な呪力の防護膜を、引っ掛ける形で切り裂く。
 壁というほどのことはない。矢継ぎ早に繰り出す連撃。
 抵抗の攻撃を味気なく払い、ついに剣先を届かせた。

 しかし、サンドラは攻撃を身軽にかわす。まるで軌跡が見えているかのように。
 
(こいつ、魔物とは違うな。…なんだ? さっきから感じるこの違和感は)

 アルワンは考える。ふれあと別角度からサンドラの動きを牽制しながら、気配を探る。

 神格たるアルワンを動かす原動力は信仰の力。それを大量に奪われて、彼はかなり動きが鈍い。
 コタンコルカムイに寄せられる信仰心は、彼には届かない。何故なら、すでに任を解かれているから。
 代わりに受ける力は、ふれあの寄せる信頼。そして、集めた宝玉の魔力。

 それすらも、サンドラは奪い去った。

 末期に託された霊蜂の神力がかろうじて動きを支えている。だから、瀬戸際でもアルワンは生きている。
 目前の少女に殺意は感じない。だが、自分は間違いなく殺されかけていた。

「待ちなさいって言ってるのに」

 サンドラは無機質に呟くと、柔らかそうな白い指先を突き出した。
 掌の内に出現するは黒くうねる蛇。雷の如く空をうねり、ふれあとアルワンへ襲い掛かる。

「――って、その力は、アイツの!」

 叫ぶ。脳裏に浮かぶは、変わり果てた義兄の姿。今はクロックスと名乗る道化師の幻影。

 その術は知っている。
 ふれあに取り付かせた古い蛇の呪い。視線を合わせた者へ襲い掛かる禍々しき古呪の毒蛇。
 カムイコタンを滅ぼした時の、瞬時に死を撒き散らす妄想じみた破壊力はないけれど。

「これは、貴方たちの力よ?」

 涼しげな声音で、サンドラは告げた。彼女にとって、当然のことを何気なく口にした。
 だが、それでアルワンの動きは止まる。
 全てを視ていた者の位置で、全てを理解する。それは、つまり。

「アルワン!」

 精霊力で造り出した形ある守護剣霊を踏み台に、ふれあが空を翔る。
 アルワンを庇うように、黒い蛇をはじき、切り伏せた。

 彼女はサンドラの言葉を理解しない。なぜなら、自身にカムイコタンを滅ぼした記憶は無いのだから。
 黒い蛇の古呪も、ふれあにとっては敵が使う技のひとつでしかなく。

「姐さん! 違う、そいつは…、たぶん…!」

 アルワンは遅いと知りつつも、姉たる少女に制止を投げかけずにはいられなかった。

 彼は理解した。
 サンドラの本質は不明。しかし、扱う呪力はふれあとアルワンから奪った力に違いない。
 薔薇の髪飾りをつけた少女は、おそらく、ふれあの内部で抑え付けられていた呪詛を、何らかの方法で一部抜き出したのだ。
 その過程で、封印に力を与えていたアルワンの神力も奪い去った。
 きっとそれは不可抗力。わかるのは、サンドラには古呪をどうにかする力があるということ…!

「溜めすぎは身体に毒………だから、ね」

 サンドラは表情なく、ふれあの剣先を軽やかにかわす。

「コツコツ溜めてきてよね、溜まったらまた……吸ってあげるから」

 皮肉げに呟くと、少女は掌を大地へ向け、聞き慣れない呪文を唱え始める。
 聞き慣れはしないが、独特の韻を踏む響き。確か、どこかで――。

「次の舞台に行かせてあげる。お仲間さんとの合流は、アフターケアよ」

 突如、足場たる大地に底の見えない巨大な縦穴が口を開いた。
 オオオと風が唸り声をあげ、重量の法則でふれあとアルワンの身体を吸い込んでゆく。

 アルワンは力無く笑った。何から何まで手玉に取られたことに。
 ふれあは不機嫌そうに睨みつけている。窮地を救われたとも気づかずに。
 宙空に浮かぶサンドラは、軽く手を振った。バイバイと、送りの言葉を添えて。

 ――暗転。物語は次のステージへ移る。

拍手[0回]

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

六命PC
セルフォリーフ:
ENo.58 夢猫ぴあの
アンジニティ:
ENo.106 梟霊アルワン

Sicx LivesのPLのひとり。
ふらふらと漂う木片。
つれづれなるまま、
書き綴ってます。

関連サイトリンク

Sicx Lives
 六命本家 .

木漏れ日に集う
 取引サイト
六命wiki
 うぃき

うさ☆ブログ(・x・)
 神検索
Linked Eye
 無双検索
六命ぐぐる
 無敵検索
未知標
 MAP,技検索

万屋 招き猫
 情報集積地
エンジェライトの情報特急便
 情報集積地
ろくめも
 付加情報特化
英雄の故郷
 合成情報特化
六命技データベース
 技情報特化
わんわんお
 敵情報特化
適当置き場
 敵出現テーブル他
手風琴弾きの譜面帳
 取得アイテムやペット

六命簡易計算機
 簡易計算機
紳士Tools
 PK,素材情報明快化
紙束通信研究所
 戦闘情報明快化

犬マユゲでした(仮)
 blog情報速達便
小さな胡桃の木の下で
 新着ニュース特急便

個人的閲覧サイト

空に堕ちるまでの朝
 ジェイ(189)さん
うたびとのきおく
 バジル(428)さん

星ト月ヲ見ル人
 ラーフィー(709)さん
車輪の跡
 ミカ(402)さん

最新コメント

[05/16 backlink service]
[11/25 ふれあ(1519)PL]
[11/23 セレナ(93)PL]
[11/22 ふれあ(1519)PL]
[11/20 カシュー(553)]
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 歌を唄う猫の夢 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]