忍者ブログ

歌を唄う猫の夢

定期更新ネットゲーム『Sicx Lives』の、 日記・雑記・メモ等が保管されていくのかもしれません。 昔は『False Island』のことを書いてました。

2017/11    10« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

[ -Recollection- ]

 時代を踏みしだき駆けよどこまでも

 我等が進む先に恐れるものなど何も無い

 星屑がひしめく舞台に形の無い夢を投げつけて

 蜃気楼の先にかすむ未来を引きずり落とせ


 -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
[ Lythtis's Eye -Rest Side- ]


 ザザ…ザァ……ッ―――。

 暗い灰色に侵食された空から、水気にまみれた弾丸が降り注ぐ。
 予報に無い、にわか雨。
 悪態をつく者、用意良く傘を開く者、水溜りに飛沫を躍らせながら先を急ぐ者、様々に。

 年季を帯びたレンガに支えられた窓枠。
 雨粒に濡れて視界の歪むガラスに指を当てて、ぼんやりと街並みを見下ろす少女。

 追憶。
 押し寄せる過去。
 忘れたくても、忘れられない情景。

 忘れてはいけない、思い出。

「リズ、起きてる?」

 ガチャリと扉が圧し開かれ、小さな精霊の声が聞こえてきた。
 背丈の十倍以上の高さがあるドアノブを、どうやって動かしているのかは不明。
 ただ、いつもなら不思議に感じる光景も、今日は心を揺るがすことはない。

 振り返ることもなく、挨拶を返すこともなく、虚ろに視線を落とす。

 気がつけば、肩にわずかな重みを感じる。
 頬に当てられた、親指のつま先ほどの手のひら。
 外気に同調しているのか、氷のように冷たい。

 ふれあは何も喋らず、肩に座った。
 無表情に、しかし意思の込められた視線を、リズが見ている先へ向けている。

 温度差で曇り、用を成さない窓の向こう側へ。
  
「……お兄ちゃんを思い出してたの」

 ポツリと呟いた。
 語るつもりじゃなかったのに、不意に口からこぼれた。

「お兄ちゃん?」
「無理して、明るく振舞って、でも無茶していて、酷く衰弱して、……いつしか、倒れて」

 つまんない話だよ、と前置きして語る。
 誰かに伝えることが、過去の贖罪になるとは思えないけれど。

「枕元でずっと手を握ってた。もう二度と動かなくなるんじゃないかって、怖くて」

 そんなことないのにね、と力なく笑う。

「誰だって、自分の限界を超えて疲れたら、動けなくなるに決まってるんだもの。
 心配することなんかじゃないのにね。……変だよね」

 器に溜まっている、自らも底を見通せない濁った水。
 窓を叩きつける雨が、表面張力の抵抗を打ち破ってしまったのか。

 涙なんて、見せはしないけれど。

「ラズちゃんのこと、教えにきてくれたんだよね?」

 ふれあは「ん」と応えて頷いた。

「熱は引いた。呼吸も落ち着いてる。
 りんくしてる異界のぷーるから流れてくる魔力が多すぎて、しょりがおいつかなくて、
 ていこーがどーので体温があがってて、でも体力を犠牲にしてうんよーしてたけど
 ばっくあっぷがなんとかで、…ええと、くろっくあっぷがどうとか…」

 要領を得なかった。

「……って、アルワンが言ってた。もう大丈夫らしい」

 正確に伝えるため、必死に言葉を覚えてきたのだろう。
 ふれあの身振り手振りをまじえた大仰な説明に、リズは幾つもハテナを浮かべる。

 とはいえ、恐らく本人から直接説明を受けても、理解できないに違いない。
 努力型の神様や学者系の魔術師は、難しい理屈をこねないと魔法が使えないらしいから。

「そっか、ありがとね☆」

 とりあえず、体調が回復してきた事が解れば問題ない。
 召喚と同じで、強い力を呼び寄せるにはこっちも体力使うとか、そういう話なのだろう。

 ふれあがぴょこんと飛び降りた。体重を感じさせない軽やかな動きで絨毯の上へ着地する。
 大事なことは全て伝えたから、部屋へ戻ろうというのだ。
 昨晩はリズが起きてずっと看病していた。今は、ふれあがラズを見守る番。

 そんな彼女はトコトコと歩き、ふと小さな声をあげ、立ち止まった。

「そういえばさっきの話。倒れたのはお兄ちゃん? それとも、リズ?」

 不意打ちに息をのむ。
 
「無理はダメ。私も泣くから」

 悲しみの表情を作れない少女は、おやすみと手を振って扉の隙間を抜けていく。

 窓の外は雨。
 風の勢いを得て、いまや豪雨の様相を呈している。

(マイスター。どうかしたですか?)

 心に繋がる声。買い物に出していた妖精が、主の情操の乱れを察知して尋ねてきた。
 オーバーフロー。
 溢れた水は、寄り添いやすい壁を支えに流れてゆく。

 薄暗い部屋の中、もう一人の少女は密やかに微笑んだ。

(雨、ひどいでしょ? 今から迎えにいくから、そこで待っててねー)
(ええっ!? もう、お休みになられるのでは!)
(いいの。――なんだか、外を歩きたい気分なの☆)

 スキップを踏むように。
 薄く透き通る空色の傘を持って、リズは精霊の少女を追いかけるように扉を押した。

拍手[0回]

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

六命PC
セルフォリーフ:
ENo.58 夢猫ぴあの
アンジニティ:
ENo.106 梟霊アルワン

Sicx LivesのPLのひとり。
ふらふらと漂う木片。
つれづれなるまま、
書き綴ってます。

関連サイトリンク

Sicx Lives
 六命本家 .

木漏れ日に集う
 取引サイト
六命wiki
 うぃき

うさ☆ブログ(・x・)
 神検索
Linked Eye
 無双検索
六命ぐぐる
 無敵検索
未知標
 MAP,技検索

万屋 招き猫
 情報集積地
エンジェライトの情報特急便
 情報集積地
ろくめも
 付加情報特化
英雄の故郷
 合成情報特化
六命技データベース
 技情報特化
わんわんお
 敵情報特化
適当置き場
 敵出現テーブル他
手風琴弾きの譜面帳
 取得アイテムやペット

六命簡易計算機
 簡易計算機
紳士Tools
 PK,素材情報明快化
紙束通信研究所
 戦闘情報明快化

犬マユゲでした(仮)
 blog情報速達便
小さな胡桃の木の下で
 新着ニュース特急便

個人的閲覧サイト

空に堕ちるまでの朝
 ジェイ(189)さん
うたびとのきおく
 バジル(428)さん

星ト月ヲ見ル人
 ラーフィー(709)さん
車輪の跡
 ミカ(402)さん

最新コメント

[05/16 backlink service]
[11/25 ふれあ(1519)PL]
[11/23 セレナ(93)PL]
[11/22 ふれあ(1519)PL]
[11/20 カシュー(553)]
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 歌を唄う猫の夢 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]