忍者ブログ

歌を唄う猫の夢

定期更新ネットゲーム『Sicx Lives』の、 日記・雑記・メモ等が保管されていくのかもしれません。 昔は『False Island』のことを書いてました。

2017/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

[ Third person -NEXT Encounter- ]

 ――勝負は一瞬で決まった。

 ふざけ半分に、もてあました力を無造作に行使するペリケペルカ。
 だが、制御されていない能力に付け入ることは、容易い。
 光の檻に捕らえたペリケペルカに、リズの魔術が直撃する。

 不条理な拘束に不条理な追撃。少年――あるいは少女――は、癇癪気味に腕を振り回した。
 無茶苦茶な軌道から迸るのは、疫毒に侵された負の術式。檻を一瞬で破壊するほどの。
 いや、術という形状を成しているのかどうかは疑わしい。
 その姿はまるで子供の我侭を見ているかのようで。とても、痛々しい。

 計画通り、ふれあが敷いた反閇の陣にペリケペルカの力は容易く弾かれた。
 結界の内、ラズが正確に組み上げた三つの魔法陣が、轟音を蹴立てて解き放たれる。

 まさにその時、勝敗は決したのだった。

「あやぁ? あたしどうしちまったんだぁ?」

 深い森林は、魔力の波涛で円錐状に抉られている。
 最中に在って、ペリケペルカは何事も無かったかのように平然と立っていた。
 
 ラズを筆頭に、三人に緊張の色が浮かぶ。

 しかし、ペリケペルカはガクンと、自らに起きた事情を把握できないまま崩れ落ちた。
 朽ちた赤色の髪が、じわりと緑色に染まっていく。
 嗅覚の鋭いふれあが、思わずアルワンの毛並みに顔を突っ伏してうずめた。
 ペリケペルカが、髪色の変化とともに放った酷い腐臭のせいだ。

 吐瀉物を撒き散らしながら、彼は、定まらぬ足取りでふらふらと歩きだした。
 虚ろな瞳に、だらしなく開いた口元。
 顔を背けたくなるほどに、哀しくも、惨めな姿。

 藪をかきわけ、転び、起き上がっては転び、土くれを口内で噛み砕き。
 ぐにゃりと姿形の輪郭を歪ませ。

 ドロリと地面に溶けて、染みになった。

「………」

 出逢った際に感じた、凶悪にして危険な気配はすでに無い。
 子供がそこにいた、ということすら夢であったかのように。

 ラズは、ペリケペルカの消えた場所に暗い緑色の宝玉を見つけた。
 地の宝玉。
 捜し求めていた、四つ目の宝玉。

「あれ」

 ふと、リズが声をあげた。

「こっちにも宝玉が落ちてるよ?」

 見ればリズが、汚臭に表情を歪めながらも、吐瀉物の中から何かを拾い上げようとしている。


「「拾うな!」」


 叱責は二重に響く。
 短い単語で明瞭な指図は、二人から放たれていた。

 魔術師の少女は、もうひとりの声の主であるアルワンをちらりと見てから、リズへ歩み寄る。
 リズは固まったように動かなかった。怒られたことにびっくりしていたのかも知れない。

 鼻を突く異臭も薄れ、ふれあが顔をあげた。
 地面に四重の魔法陣が敷かれているのが見える。封印の術式。それも相当に厳重な。
 その中央に見えたものに、首を傾げる。

「黒い宝玉?」

 ブラックと評するより、ダークと評するのがふさわしいか。
 ガラス質の球体の中で、とぐろを巻いてうねっている闇色の炎。
 地の宝玉より、ひと回り小さい。宝玉というよりは、宝石と称すべきだろう。

 ラズが詠唱を紡ぐ。
 黒い宝石へ、不可視の結界を幾重にも巻いていく。慎重に、慎重に。
 緑の宝玉に対する扱いとは、あまりにも差があった。
 爆発物を取り扱うがごとく、丁寧に、一分の無駄も隙もみせず、魔力の絹布で宝石を包む。

「これでいい?」
「――ああ」

 ひと段落ついて。ラズの問いかけに、アルワンはひどく疲れた様子で返した。
+小++小+ -小--小-
    +小++小+System -Algol Execution-小--小-  +小++小+Lost Sorcery of Strict prohibition-小--小-
「これは、黒禍の契碑。――禁呪指定の遺失魔法。   +小++小+Geass spell-小--小-  +小++小+Materialise-小--小-
 結んだ盟約に対し、限界を超えた契約執行を求める、強制魔術の結晶体。
 ……簡単に言えば、借金返済のために銀行を襲わせることができる契約書」

 ぽかんと拝聴するリズとふれあを素通りし、魔術師の少女はアルワンへ視線を止めた。

「どうして知ってる?」


 -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


 島全体に仕掛けられた自己修復の魔法。
 破壊された景観を寸分違わず復元させる、再構築のシステムが発動している。

 超常の魔力に薙ぎ倒された木々が、計画的手順に従って魔的な気配に満ちた密林に回帰する。
 その様は、どこかしら矛盾を感じさせずにはいられない。

「へぇ」

 彼は、かすれた高音域で深い感嘆を呟いた。

「やってくれるじゃないかね?」

 散逸する魔力の残滓の解析は、難航していた。
 すでに大気の成分も、魔力濃度も、大部分が元の構成状態を取り戻しつつあるからだ。

 しかしそんな中、楔のように突き刺さり、自浄作用に抵抗している魔力がある。
 エーテル構成は、たいしたものではない。
 強力な破壊系魔術が使用された際に視られる、典型的な重合反応組成。

 だが、島の復元力に分解されていないというのが気にかかる。
 挑戦状。あるいは挑発だろうか。

 失策。

 別の計画に利用するため忍ばせておいた結晶体も、裏目を招いたか。
 罠を仕掛けようにも、先行できねば意味はない。
 潰した術式に安堵している隙に、一歩も二歩も先を往かれたか。

「面白い。面白いねぇ、まったく?」

 彼は振り返る。

 プラチナに輝く硬質の構成結界の中で、朽ちた赤髪の子供が再形成されていた。
 伸ばした指先にバチリと電光が弾け、白手袋が無惨に炭化する。
 触れることは許されない。
 如何なる者も。たとえ彼であれ、その復元プロセスに介入は出来ない。

「ちゃんと消化してれば、あの子と同じものが造れたかもしれなかったのにね?」

 ククッと喉の奥で笑みを漏らし、彼は――道化師は、その場を後にした。

拍手[0回]

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

六命PC
セルフォリーフ:
ENo.58 夢猫ぴあの
アンジニティ:
ENo.106 梟霊アルワン

Sicx LivesのPLのひとり。
ふらふらと漂う木片。
つれづれなるまま、
書き綴ってます。

関連サイトリンク

Sicx Lives
 六命本家 .

木漏れ日に集う
 取引サイト
六命wiki
 うぃき

うさ☆ブログ(・x・)
 神検索
Linked Eye
 無双検索
六命ぐぐる
 無敵検索
未知標
 MAP,技検索

万屋 招き猫
 情報集積地
エンジェライトの情報特急便
 情報集積地
ろくめも
 付加情報特化
英雄の故郷
 合成情報特化
六命技データベース
 技情報特化
わんわんお
 敵情報特化
適当置き場
 敵出現テーブル他
手風琴弾きの譜面帳
 取得アイテムやペット

六命簡易計算機
 簡易計算機
紳士Tools
 PK,素材情報明快化
紙束通信研究所
 戦闘情報明快化

犬マユゲでした(仮)
 blog情報速達便
小さな胡桃の木の下で
 新着ニュース特急便

個人的閲覧サイト

空に堕ちるまでの朝
 ジェイ(189)さん
うたびとのきおく
 バジル(428)さん

星ト月ヲ見ル人
 ラーフィー(709)さん
車輪の跡
 ミカ(402)さん

最新コメント

[05/16 backlink service]
[11/25 ふれあ(1519)PL]
[11/23 セレナ(93)PL]
[11/22 ふれあ(1519)PL]
[11/20 カシュー(553)]
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 歌を唄う猫の夢 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]